オハイオは、いきなりフリース2005年10月01日 13:46

いつ半袖をしまえるのかと思っていたら、
ここ2、3日で一気に寒くなってしまって、
いきなりフリースを着ています。
あいかわらず、暑いか寒いかのアメリカの気候です。
春と秋が短いのです。こういう国では洋服選びが
日本とは違います。

まず、はおりものでの‘微調節’が必要ありません。
春はいきなりぽかぽかになるのでさっさとTシャツ
(春色のコートなんて無縁)、夏はもちろんTシャツ、
秋はいきなり寒くなるのでウールやフリースの
ジャケットを着ます。
そして、冬の寒さの中に段階があります。
ちょっと寒い時はフリース、日本くらい寒い時は
綿の入ったコートやジャケット、そしていよいよ
零下10度くらいになったら、ダウンのコートです。
雪も降るのでもちろん防水のもの。

あとこれは日本の雪国の人たちと同じだと思いますが、
必需品はスノーブーツ。
去年大雪が降った時に、普通の長靴を履いて
雪掻きをしたら1分と持ちませんでした。足先が
凍るかと思った・・・。愚かです。

思えば、東南アジアで生活をしている時は
本当に服にお金がかかりませんでした。
服の縫製をする国ですから、市場に行けば激安で
買えるし、なにしろ一年中夏ですから、一年中
あっぱっぱーな格好でよいわけです。
(たまに外国に憧れて、無理無理皮ジャンを
着ている人などいました。蒸れそう。)

現在、今年の冬の買い物計画を立てているところです。
あんまりのんびりしていると、一気に真冬です。
とにかく、スノーブーツを買わなくては!

10月はビールのお祭り2005年10月03日 22:52

10月になると、あちらこちらでオクトーバーフェスト
(OKTOBERFEST)が催されます。ドイツの秋のお祭りです。
とにかく‘おいしそう’なので、行って来ました。

もともとドイツからきた移民が持ち込んだお祭りだそうで、
会場にはビールの屋台、ソーセージ&ザワークラフトの屋台、
そしてなぜかシュークリームの屋台。
これらが、オクトーバーフェストの3大名物のようです。
ドイツのビアマグ、民族衣装などの屋台も出ていました。
膝丈の吊りズボンにチロリアンハットのおじいさんや、
ハイジみたいな格好をしたおばあさんもちらほらいました。

でも、ドイツ一色!というわけではなく、いわゆる
どこのお祭りにもいるテキ屋系がほとんどで、ちょっと
拍子抜け。このテキ屋さんの主なメニューは、
レモネード、イタリアンソーセージ、ホットドッグ、
そして民芸品関係では、ネイティブアメリカンや
メキシコの民芸品、あとはなぜか中国の絵。

昔、ニューヨークに住んでいた頃、たまたまアパートが
ドイツ人街にあって、朝起きて外に出たら通りでビールを
振る舞っていたのが、オクトーバーフェストとの出会いでした。
盛り上げるために別の屋台が出るよりも、ささやかながらも
みんなでわいわいビールを(タダで!)飲んでいた
そっちのほうが雰囲気あったな、って思います。

だってやっぱり、ドイツのソーセージをホットドッグにして
ケチャップかけちゃうっていうのは、いくらなんでも
悲しいです・・・。

試験でいっぱいいっぱい2005年10月04日 12:48

このあいだ小テストがあったばかりなのに、
明日は本試験。学期に3回、この試験があります。
「essay exam」と書いてあったので、
どうやらその場で記述する方式のようです。
わりと真面目に少しずつ勉強していたので、
だいたいの流れ(ナポレオン後〜第一次世界大戦前)
は理解しているつもりなのですが、
英語で文章を書けるかどうかがモンダイです。
そして、時間が足りるかどうかが心配・・・。

勉強は夜、娘が寝た後と、昼間、娘が学校へ
行っているあいだにやります。夜更し&朝6時起き
なので、完全に寝不足です。でも昼間が
一番集中してできるので、ががーっとやります。
そうすると、娘が学校から帰ってきて
「おやつでも食べて、ちょっとのんびり」
っていう時間に、猛烈な睡魔が襲ってくるのです。
今日もがーがー眠ってしまい、「お母さん、お母さん」
と言う声で起きてみると、アイスクリームを
ちゃんとボウルに入れてスプーンを添えて、
差し出してくれている娘の姿が。
さんきゅう・・・。そして面目ない。

気がつくと、勉強しちゃってた2005年10月05日 22:09

とりあえず、今学期第一回目の試験も終わり、
今日は完全リラックスの日です。
終わってみての感想は、「勉強しちゃったなあ」。
先生が出した試験範囲をまじめに勉強していれば、
気がつくと、完璧に理解していることに
今さらながら感心しました。先生、うまいなあって。
また、これだけやらざるを得なかったのは、
もちろん英語だからです。

先生が前もって渡してくれた12のテーマ、
それぞれに1ページ弱くらいの小論文を書く、
という試験でした。
もちろん英語なので、まずその12コぶんの回答を
しこしこと英作文。そしておおまかに暗記。
結局、試験に出たのはそのうちの3つだった
のですが、その話題が出たら家族に
ちょっと語れるくらいの知識が頭に入りました。
(そのうち抜けちゃうかもしれないけど。)
日本語だったら、教科書を読んである程度
覚えておけば、おそらくその場で書けるので、
ここまで時間をかけて勉強しなかったと
思います。

試験の勉強を始める前は気が重かったけど、
やれるだけやった後は、気分が爽快です。
若い頃にあった「やらされている」感がないと、
こうも違うのだなあ。

そろそろハロウィーン2005年10月06日 14:03

10月に入るといよいよハロウィーン気分。
子供たちが変装をして近所の家をまわって
お菓子をもらうという、アレです。
子供がいるいないにかかわらず、家の飾りつけに
ものすごく力を入れるお家があったりします。
カボチャや魔女くらいなら可愛らしいのですが、
中には完全にお化け屋敷状態になっている家も
あります。

日本で「おばけ」といえば、透き通った幽霊
のイメージですが、アメリカでお化けといえば、
ゾンビ系。土葬だからなのでしょう。
腐りかけの人間の等身大の人形などが
ハロウィーンショップに置いてあって、
電気仕掛けでカクカク動いていたりして、
大の大人の私も本気で恐がっています。

さて、我が家もちょっと気分を出すために、
ハロウィーンの飾りつけをしています。
とはいっても、カボチャの置き物を置いている
だけなので、今日はもうちょっと買い足しに
出かけました。

ところが!もうお店の中はクリスマスに!
ちょっと早すぎやしませんか。
さすが商業国・アメリカです。
とにかく、年末の売り上げが命なのです。
ずらりと並ぶクリスマスツリーのオーナメントを
見ると、「ちょと早いけど買ってしまおうかな」
と思ってしまった私も、ちょっと危ないです。