サマータイム終了!2005年11月01日 00:58

ようやくサマータイムが終わりました。
(こちらではday-light savingと呼びます。)
これでやっと太陽の高さが時刻にふさわしく
なって生活しやすくなりました。
朝、8時近くなって日がのぼるっていうのは、
どうもしっくりこなかったので。

オハイオはアメリカ東部時間を使っています。
ニューヨークと同じです。でも、ニューヨークと
オハイオでは車で9〜10時間かかるというのに、
同じ時刻を使うのは無理がある!(と思います。)
それに、このday-light savingのおかげで
日没時刻が遅くなったとしても、
日本の会社の駐在員は定時では帰れないので、
まったくありがたみがありません。
(第一、明るいと子供がなかなか寝ようとしない!)

ちなみに、家族は軽い時差ボケで今朝は1時間早く
起きていましたが、私は1時間長く寝られて
幸せでした。(じつはいくらでも寝られる体質なので、
時差ボケ知らず。)

たぶんこれが普通のハロウィーン2005年11月01日 22:33

昨夜はハロウィーンでした。子供たちが
みんな自分の好きなコスチュームを着て、
近所に家をまわって「Trick or treat!」
と言ってお菓子をもらう、という
行事です。

この行事、ついてまわる大人は結構疲れます。
暗くなる夕方6時くらいから始まって、
家に帰るのはだいたい8時近く。
この間、子供たちは興奮しているせいか、
ほとんどずっと走っているのです。
子供の持久力がつくにつれ、ついて行くのが
辛くなってきました。

子供たちがその家のチャイムをピンポンと
鳴らすと、だいたいの家の人は暖かく
迎えてくれて、衣装を褒めて、快く
お菓子をくれます。
中には、もうおじいさん・おばあさんなのに、
家の周りを可愛らしく飾りつけて、家の前の
ポーチでお茶を飲みながら子供たちが
来るのを楽しみに待っている、といった
ようなお家もあります。
そういうお宅を見ると、いいなあ、生活を
楽しむってこういうことなんだろうな、
って思います。

無駄はよくないけど、何でもほどほどに
楽しむということは、人生を豊かにする知恵
なのだと感じた次第です。

アメリカで虫歯は二重に痛い2005年11月02日 21:57

もうだいぶ前、一ヶ月くらい前だったか、
歯にかぶせていたものが取れてしまいました。
この前の夏、日本に帰った時に歯の検診に
行って悪いところは全部治してもらったはず
だったのに・・・。
アメリカで歯医者さんに行くと、ものすごく高い
と聞いていたので、嫌だなあと思いながらも
知り合いに歯医者を紹介してもらって
(おまけに予約の電話もしてもらって)、
ようやく取れた予約が2週間先。その後、
病院の都合でキャンセルになり、今週やっと
診察が受けられました。

歯にかぶせていたものと歯の境目あたりに
大きな虫歯が出来ているらしく、神経にも
近いので神経を抜くということになりました。
そして、治療の見積もりを出してもらったら、
トータル$700!
保険が半分きいてこの値段です。
虫歯1本で7万円・・・。
これはかなりのショックでした。
結構がんばって歯磨きしてたのになあ。
やっぱり一度治療したとはいえ、そういう
部分はまた虫歯を呼ぶのだなあ。

しかも、取れた予約は3週間後。
「痛かったらこれ飲んでね。」と抗生剤を
処方されて、また出費です。
歯に穴がぽっかり空いたまま、2ヶ月近く
我慢しなくてはいけないなんて、ご飯も
おいしく食べられません。

なんだかさわやかな初冬の時期だというのに、
一気に気が重くなったのでした。

クラスで主役になれる週2005年11月03日 21:42

アメリカ人にとったらおなじみの学校行事も
我々外国人にとっては初めてのことばかりです。
Star of the week という決め事もそのひとつ。
毎週、クラスの誰かがその週の主役になって、
自分のお気に入りの品や写真を持って行ったり
して、クラスのみんなに自分を知ってもらうの
です。

今週は我が娘が「Star of the week」でした。
この制度(というほどでもないけど)の
一貫として、ランチタイムに家族を招待する
というものがあって、夫婦で行ってきました。
ファストフードを何か買って行っていいという
ことだったので、マクドナルドで購入。
先生と娘と仲良しの子2人と一緒に食べるという
ので、みんなで分けられるようにナゲットを多めに
買って、いざ学校へ。

一番の緊張は先生とのフリートークだったのですが、
そこはさすが先生。適当に話題をふってくれて、
質問に答えていればよかったのでラクでした。
娘がこのランチに招待したクラスメイト3人も
カラカラと明るい子ばかりで、私達を
見て「チャイニーズ」発言をしていましたが、
まあ、可愛いから許そう。

肝心の娘は、もちろん大興奮、大喜びでした。
日本の小学校では「恥ずかしいから来ないで」
みたいな態度だったのに。
所変われば、気分も変わるのかな。
面白いです。

家ではほとんど聞くことのない娘の英会話も
聞くことが出来ました。
でも、いくら上手に聞こえててもやっぱり
幼児ぽい英語で、難しい単語などはわからない
様子でした。
私の考えでは、アメリカに住むにあたって英語を
マスターするというのは単なる「おまけ」
なので、ネイティブ並みになることは
期待していません。かえって、日本語が
英語に侵食されることのほうが心配なので、
英語がカタコトのままでもいいかなと
思っているくらいです。

最終日である金曜日は、みんなに配るお菓子を
用意しなくてはなりません。
今から買いに行ってきます。

秋晴れ、ばんざい!2005年11月04日 23:57

先週は低温と雨の週でしたが、今週は少しずつ
持ち直して、今日はパーフェクトな秋晴れです。
友人と農場にりんごを買いに行く約束をしていた
ので、ばんざい!です。
(アメリカ東部時間で、ただいま朝の9時。)

こういう楽しい予定が入っていると、早朝から
てきぱき動けるもので、ずっと気になっていた事を
いくつか片づけることができました。
朝ごはんも、いつもはここに書くのがはばかられる
ような貧弱なメニューなのですが、今日はちょっと
まともな(に近い)ものになりました。
さらに気持ちのいい日になっています。

先週、虫歯が発覚して落ち込んだ時は
ほかの面倒なこともあいまって、
「ああ。今年の秋はこのまま停滞気味かな。」
と悲観したものですが、どっこい、たったの
二日で立ち直れてしまいました。
気持ちの切り替えが早くなったのは、
コツをつかんだからなのか、加齢とともに
忘れっぽくなったのか。
若い頃から、いつまでも引きずる性格を
変えたい変えたいと思っていたので、
変われたのかも・・・。
この楽観は天気のせいかな?