クリスマスの感傷2005年12月26日 14:01

クリスマス。やはり日本のクリスマスとは
ちょっと趣きが違います。
クリスマスイブの雰囲気は日本の大晦日のようです。
25日はほとんどの店が閉まるので、24日は
買い出しの日、という雰囲気で、お店に行っても
どのレジも行列。まだプレゼントを買っている人も
いました。(かく言う私も包装紙を買いに行きました。)

同じアメリカでも土地柄の違いか、自分の状況の違いか、
ここオハイオでのクリスマスとニューヨークに
住んでいた時のクリスマスとでは、雰囲気が違います。
ここでは、「家族が久しぶりに集まるからたくさん
おいしいもの買っておかなくちゃ」という様子の老夫婦が
うれしそうに買い物していたり、家族と集まって
食事をしていたりという風景をよく目にするので、
本当に日本の年末年始のようです。

ニューヨークでは、観光客で賑わっている一方で
マクドナルドには一人でぽつんとハンバーガー
食べている人もいたりします。だけどだからこそ
いつも不機嫌な店員さんが優しかったり
街中に溢れている光と音楽が、よけいに
身に染みて、あたたかく感じられました。
いつもあんまりいいことないけど、でも
今日はなんだかいい日だな、なんて思えるのです。

ロックフェラーセンターの豪華なクリスマスツリーと
小さな自分との距離をすごく感じて、ちょっと胸が
切なくなったりもしました。
大都会のクリスマスって、そんなふうに感じている人が
いっぱいいるんだろうな。
でもやっぱり、あたたかいクリスマスでした。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://america-okusan.asablo.jp/blog/2005/12/26/190301/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。