ニューヨークへの旅(アムトラック)2006年01月02日 00:48

いつのまにか新年になっていました。
あけましておめでとうございます。
クリスマス明けから年末にかけてたっぷりと
旅行してきました。場所はニューヨーク。
たぶん、アメリカでの最後の旅行だったと思います。

オハイオからニューヨークへは車でも行けるのですが、
我が家はアムトラックという電車で行ってきました。
(電車大好きなんです。特に私が。)
去年も電車で行ったのですが、南(ウエストバージニア州)
をぐるっと遠回りして行くルートだったので、なんと
18時間かかりました。ほぼ一日・・・。
今年はもうちょっといいルートはないかと探したら、
お隣のペンシルバニア州ピッツバーグから直線コースで
行くルートを見つけたので、それに決定。
ピッツバーグまで車で行ってそこから電車に乗り込みました。

さすがアメリカの大陸横断鉄道。基本的に長距離用なので、
座席は幅も奥行きもゆったりしています。
たぶん日本の電車のグリーン車よりも広いんじゃないかな?
フットレストもあるし、日本人の体の大きさならじゅうぶん
足をのばせます。座席の横にコンセントもあるので、
ポータブルのDVDプレーヤーを持ち込めば、長時間も
そんなに辛くありません。
お腹が空いたら、食堂車でスナックも飲み物も買えます。
トイレは・・・うーん、まあ、耐えられないほどじゃあ
ないけど、やっぱり過剰な水分摂取はしない方がいいかも。

アムトラックはもちろん飛行機に比べたら運賃が安いので、
乗客は主に学生さんが多くて、枕やパソコンを持ち込んで
アムトラック慣れした様子。
時間がかかるので、当然ビジネス客はほとんど見かけず、
あとは、意外にもお年寄りが結構いました。
もう車の長距離運転もできないし、もしかしたら
飛行機が嫌いなのかな?

去年の南迂回ルートは車窓の風景は岩ばかりで退屈だった
のですが、ペンシルバニア州横断の今回のルートは
平地だったこともあって、景色が良かった!
特に、途中のランカスターという、アーミッシュの人が
多く住む村を通るのですが、ちょっと不思議な風景でした。
広大な農地で牛を使って畑を耕していたり、どの家も
同じような方法で外に洗濯物を干していたり。
(アメリカでは普通外に洗濯物を干さない。)
その一方で、昔鉱山の街として栄えて、今は廃虚同然に
なっている町がたくさんありました。昔は列車を使って
鉱山で取れたものを運んでいたのでしょう。
今ではすっかりさびれて、人が住んでいるのかどうかも
わからない所もありました。
そういう、うら寂しい風景も電車の旅の醍醐味。
そんな風景をぼんやり眺めたり、うとうとしたりしながら、
8時間後に無事にニューヨークに到着しました。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://america-okusan.asablo.jp/blog/2006/01/02/196774/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。