ニューヨークへの旅(食べる!)2006年01月03日 04:13

年末年始、マンハッタンのホテルはあまりにも宿泊代が
高いので、今回は対岸のニュージャージー州のホテルに
泊まりました。
地下鉄を使えば$1.50でマンハッタンまで行けるので
まったく不便はなく、かえって安全な感じがして
快適でした。
そしてマンハッタンに行くと、まず食・食・食!
とにかく食べることが一番の楽しみです。

朝はもちもちのべーグル。オハイオでもべーグルは
ポピュラーですが、重量感が全然違います。
風味も食感もまったく別物。
味にクセがなくて、中はもちもち、外はカリッと
しているのです。朝から満足満足。

そして昼は街角の屋台で中東料理を買って、近くの
オフィスビルのオープンスペース(テーブルや椅子が
あって、誰でも入って休めるところ)でほおばる。
そして夜は迷わずチャイナタウンへ。
まずだいたい中を覗いてチャイニーズで賑わっている店
だったらまずハズれません。
今回は道に迷って偶然見つけた小さな路地のお店が
やたらとチャイニーズの若者で賑わっていて、
良い雰囲気だったので入ってみたら大正解。
蒸した中国野菜にオイスターソースをかけたもの、
中国醤油で炒めた香港麺の焼そば、餃子の中身を
のせて土鍋で蒸したご飯。それに醤油をかけて、
まぜまぜして熱々をいただく・・・。
ああ、幸せ。

二日目もこんな感じであれこれ食べるわけですが、
ニューヨークの良い所は野菜がたっぷり取れること。
これが内陸部を車で旅行、となると、来る日も来る日も
ファストフードです。三十路の胃にはコタエます。
やっぱりおいしくて栄養のある、そして安いものを
食べようと思ったら、移民のたくさんいる大都市なのです。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://america-okusan.asablo.jp/blog/2006/01/02/197119/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。