ニューヨークへの旅(移民の街)2006年01月04日 14:02

日本からニューヨークへ行った時には感じなかったけど、
オハイオからニューヨークへ行った時に感じたことは、
「なんだかアメリカじゃないみたい」ということでした。
昼間地下鉄に乗っていると、いわゆる「白人」がいない!
そのかわり圧倒的に多いのがヒスパニック。南米からの移民です。
多いとは聞いていたけど、これほどまでとは・・・。
10年前の南米からの移民と言えば、皿洗いか花売りとか
裏方としてしか働いてなかったのに、今ではレジやってたり
ピザ作ってたり。きっと賃金は相変わらず格安なのだろうけど、
着実にニューヨークに定着している様子でした。

一方、オハイオは‘白人だらけ’という印象です。
ヒスパニックもアジアンもごくごく少数です。
子供の小学校の行事に行ったりすると、マーサ・スチュワート
(アメリカのカリスマ主婦)みたいなママばかりだし、
コミュニティカレッジに行くとジェシカ・シンプソンみたいな
ブロンドのお姉さんがうようよ。
まさしく、昔の映画で見るような‘アメリカン!’って感じなのです。
だけど、マンハッタンでは・・・そんな人どこにいるの?ってくらい。
(きっと高層ビルの中で働いているんでしょう。)

圧巻だったのは、旅行2日目の平日昼間、雨の日の高級住宅街の
本屋さんの絵本売り場に行ったら、赤ちゃんを乗せたベビーカーが
ひしめいていて、その子たちを連れてきているのは
世界各国から来たと思われるベビーシッターたち。
ヒスパニックが主で、あとは東南アジア系が多く、シッター仲間で
示し合わせて来ているようで、母国語で井戸端会議をしていました。
もちろん子供達は巻き毛で肌の白い子ばかり。
そしてベビーカーは全部(本当に全部!)「ベビーカーのベンツ」
と言われているメーカーのものでした。
オハイオじゃ、ちょっと見られない光景です。